FC2ブログ

吐けない 

吐けない

吐きたいのに吐けない
言葉も食べたものも
出てくるのは涙だけ

助けての言葉も吐けない
自分を責めて泣く


言葉と想いと 

耳から入る言葉をただ聞くだけなら誰にでも出来て、その言葉の意味するコトを理解するって案外難しい。
目に入る文字をただ見るコトなら誰にでも出来て、「見た」と「読んだ」は全く別の事で。
言葉を読んで意味を理解するコトって、出来ていそうで出来ないこと。

発信する側と受け取る側と云う「人」が居るから、ソコに心が絡んで同じモノを繰り返し読み聞きしても、その度に想いが変わってきたり全く変わらなかったり、結構厄介なヤツで。

言葉だけじゃなく自分の伝えたいモノって云うのは、多くを語らずとも伝わるものなんだと先日知った。
久しぶりにカメラを持って撮影した私の写真を見てカッコイイと言ってくれた人が、「貴女の写真は『私が私が』じゃなくて、その人を良く見せようとする愛情を感じる。」と。
涙が出るほど嬉しかった。

やっぱり理解して貰おうとか小難しいコト考えたりしてるとダメなんだな。
私は好きな事を出来る時にコツコツやって行けたらそれでいいや。


ただいま 

少し浮世離れしていました



まだ金木犀が咲いてる時に戻って来れて良かった



今は泣こうと思います




紅一点 


なんでも出来るどころか

人を見下したり評価する様な人間にはなりたく無い

私は不器用な人間のままでいい

なんでもできると思える人には なりたくはないそれはなんにもできないのと 同じように思えてなんにもできないと思える人でいい自分のことを知っている分 ましに思えてだれでもが、自分の長所をいかほどかは証明できずだれもが一つはもっている、その価値をしらないそれは 短所をがんばるとかにがてなことを諦めるとかそんな悲しいことではなくてもっと だれかを頼ってみるだれでもが、自分の長所で それだけでは生きてはいけ...
紅一点




アルコール依存性の君へ 

怪しい耳鼻科の前の野良さん

最近全然見かけないと思ってたら
下の写真の猫さんにエサ場取られちゃったみたい


写真撮ろうとしたら聴き覚えのある鳴き声がして
しばらく近くを探したら
エサ場から少し離れたアパートの塀で鳴いていた


飼い猫なんかより寿命は短いだろうけど
野良さんは野良さんでたくましく生きている
私も野良と一緒だ


もしも本物のアル中になったら
きっとアパートで野垂れ死にするんだろうな












2014.9.9


GOLDEN BAT 




いや

単に自宅周辺に巻き煙草の葉っぱが売って無かったのと

月末ビンボーが重なって

『わかば』を買って来て全部バラして巻き直してたんだけど

どうせフィルターなんて要ら無いんだからと

50円ケチって両切り煙草を購入


勿論そのまま吸う訳なかろうが

2本バラせば3本は巻ける


ペーパーが違うだけであら不思議


味も香りも立派な葉巻きの出来上がり



(厳密に言えば【巻き煙草】なんだけどね)





依存症 

過去の事ばかりにしがみついて


他人の人生に口出して


自分の人生投げ出して


妬んで捻くれて自暴自棄になって


そんなんじゃ死んでるのと同じだよ


散々心配や迷惑をかけて来た友人達にも


恩を仇で返す様な事ばかりして


自分だけが辛いと思ってる


そのうち周りに誰も居なくなって


独りっきりにならなきゃ


人の有り難味や言葉にも


気付かされる事は無いんだろうね





続きを読む

酒乱 

あんたが深酒すると段々気分が悪くなってくるんだよ


話が拗れて収拾が着かない

あんたの言ってる事は

理屈じゃ無くて屁理屈って言うんだよ


誤解を解こうとしても聞く耳持たず


暴言吐いて其処ら辺の物私に向かってぶん投げて

挙句の果てには私の事を基地外扱いして

私の腕を引っ叩いて警察に通報するってか?



過去に酒が入って私に対してした事を

自分の都合のいい所だけちゃっかり覚えておいて

私だけが悪者になればいいってか?



昔の私だったら同じ様に暴言吐いて

あんたの事を殴ってたかもしれ無い



我慢して我慢して

ただ押し黙って

あんたの話を聞いていたけど



子供が思い通りになら無いからと駄々捏ねて

癇癪起こしてるのと一緒じゃん



少しは頭冷やしたら?




あんたには酒と独りがお似合いだよ




あんたから何も得る物なんて無いから


もう二度と関わりたく無い


自分で首締めてんじゃん 

「入院なんてゴメンだ」なんて言うけれど

それ以前の問題じゃん


治せる物も治そうとせずに

医者を薬屋替わりにして

人の助言に耳を傾ける事も無く

誰かのせいにしてばかり

「金が無いから」

「仕事が無いから」

それでも毎日の晩酌はやめられない


田舎に居る父親の気持ちになってみなよ?



死んだ友達の気持ちなんて

考えたくもないんでしょう?


本気で死にたいと思った人間の気持ちなんて

知りたく無いんでしょう?



誰かに悩みを話す事

父親から援助を受ける事



当たり前の事だと思って無い?




いっその事なら孤立無援になってみなよ?



1番怖いのは


独りになる事なくせに



ピンキーリングとペアウォッチ 

夕食後、ボンヤリしてたら何時の間にか居眠りをしてて、携帯が鳴る音で目を覚ますと、ダルクに居るしげさんからの電話だった。


時計を見ると10時丁度位だったから、こんな遅い時間にに珍しいなぁと、電話に出ると、「もう寝てた?」と聞かれ、寝てたと言えば寝てたんだけど「まだ寝ないよ」と言うと、「あのなぁ~、今度本物じゃあ無いんだけど、ピンキーリングが手に入るから着けない?」と、聞かれ、嬉しかったんだけど「ねぇねぇ、前に貰った指輪が何処の指にはめても落ちて来ちゃって、今は何も着けて無いんだよ」って言ったら「ありゃ、じゃあ足の指にしなさい」って言うけど、コレを↓どーやって足の指に着けろと?


2014060223212279f.jpg


で、前から時計好きだったしげさんは、私が何年も愛用していた髑髏の腕時計を欲しがって居たんだけれど、「ペアウォッチ探しておくから」って言うから「髑髏の腕時計ちゃんと使わないで保管してるのに」って言ったら、何を思ったのか「髑髏のペアウォッチじゃなくてもっといいヤツ!一緒に着けるヤツ!」って・・


で、3分程話した所で「俺、8時半に薬飲んじゃってるからもう寝るね」えぇぇっ?「睡眠は大事だから早く寝なさいよ。」「うん」「じゃあおやすみ」


今夜はピンキーリングとペアウォッチとしげさんの笑顔を思い浮かべて寝るとしよう。