FC2ブログ

おぢさん達しつこいよ 

2015/11/8(日)
朝の服薬後寒くて2度寝して、9時過ぎに起きて外に出たら雨降ってて寒いし、コーヒー飲もうと自販機のボタン押したら何故かアイスコーヒー買ってるし。
眠剤の抜けが悪いのか単に寝起きだからなのか、近寄って来る人の話がちっとも入って来ないし鬱陶しい。

昼間ショートで外に出た時にC1病棟のちょっとしつこいアベさんに、私の居るC6病棟の事を聞かれたから、「入院してから病棟の人とは全くという程口を開いてない。C6は急性期病棟だからかかわると面倒だなと思うし、今回は休養目的での入院だから自分から誰にも話しかけないから、誰も私に声なんてかけて来ないよ。」と言うと、「その方がいいんじゃないの?」って。
でも正直、私が中庭に出た時にずっと一緒に居るアベさんもどうかと思うけど・・・

201511/9(月)
2:30ごろ中途覚醒したっぽい?そっから眠りが浅くなったのかずっと浅かったのか菓子食ってからなのか、体重が入院してから倍以上に増える夢とか、リアルにケータイ使えなくて困ってる夢とか見る。

朝からショートで外に出ても人が寄って来るのがなんか鬱陶しくて堪らない。特にアベさん。
1人でぼんやりしたくても病院の敷地から出ないと出来ないってのはシンドいな。
9時のショートは単に2度寝したから9:30~出ただけだけど、10:30ごろ出た時は話しかけられるのがシンドくて30分くらいで戻ってきてしまった。

昼食後、メモが無かったから別のノートに主治医宛にウダウダと色んな事を書いてからそれを渡してもらって外に出ようとしたら、診察の時に渡せと言われる。
診察前に目を通して欲しくて書いたのにぃー。

で、また誰かにとっ捕まるのが面倒で、病院から出てコンビニまでウロウロと行って買い物をして、病院のすぐそばの川っぺりで過食をするアホう。
ストレス溜まってきたのか?
しばらく経って病院に戻って来た途端、出掛けようとしてたアベさんとイハラさんに出会して、ヤバいと思ったらアベさんだけ戻ってきてずーっと後ろくっ付いて来るし。
「どこ行くの?」って言うから「トイレ!!」って言ったらやっと離れたけど、「うるさいよー!」って言わせる位喋りっぱなし。疲れるわ。

OT(作業療法)に来てた藤井君を中庭で見つけて、入院して久々に自分と歳の近い人と話しをしたけれど、「なんでみんなこの時期になると冬ごもり(入院)するの」と言われる。

22時頃からなんか寝付けず煎餅食って、トイレ行こうかと思ってるうちにスイマーと尿意との戦い。現実と夢ごっちゃになる。
0時頃尿意の勝ち。

※人物名は仮名です


スポンサーサイト



中庭へ出る 

2015/11/6(金)
入院して初めて主治医の診察。
やっと開放処遇制限を解いて貰える事になったけど、携帯だけは使用禁止になってしまった。
寧ろまだ外に出ない方がいいんじゃないか?と言われたけれど、新しい眠剤のせいかとにかく眠くてたまらないし、お金も自己管理だし、散歩するのも目的の一つだからやっぱり外に出たいと言って制限を解いて貰う。

漢方の事に関しては「私は漢方には詳しくはないけれど、夜魚さんが大切にしてる物は私も大事にしたいから。」と言ってくれた。

2015/11/7(土)
今日は9時からショート外出に出っぱなし。
特に何をする訳でもなく、ただ病棟に居ても眠いだけだし病状の重い人を見てるとしんどいし、話す相手も居ないし別に話したくもないし。
でも外に出る度に慢性期病棟のC1のおっさん達に捕まって、話が纏まらなくなって逃げられなくなってしまう。
もう少し遅く戻ろうと思ったけど、14:30には病棟に帰る。
入れ違いで補助の中村君に会ったけど話も出来ず。

きー!

疲れ果て入院 

2015/11/2(月)
夢の中で金縛りにあってたのか本当になってたのか、足元から動かなくなってて、全身が誰かに押さえつけられてる感じになる。
その押さえつけてる人物と会話していた。

2015/11/4(水)
初めて院長の診察を受けた。
主治医が不在でまた連携が取れていない。
※ドラ―ルは効いて無い様だから今日からベルソムラ処方

むちゃくちゃ久しぶりに補助の中村君に会った。
今はC3病棟に居るらしい。
私がテンション上がって入院じゃ無いのをつまんなさそうにしていて、「上がって暴れたら押さえつけに行ってやる」とか言ってるし・・・。

その後入院の手続きだけ済ませて、同日予約が入っていた漢方専門のクリニックへ行かせて貰う。
春から精神科の主治医が変わってしまったから「最初はどうなるかと思ってたけど、理解のある先生で良かった」と言われた。
とにかく今は疲れきった顔をしているから、頭を空っぽにして休んでと。

精神科の主治医がトピナをラミクタールに変更したがってた件に関しては「薬変えたりするなら減らして欲しいんだけどねぇ〜」と。
いや、その前に、私ラミクタールが合わずにトピナになった人なんだが。


中庭の鬼太郎と私 

コレは3年近く前、私が入院していた時に病院の中庭で出逢った当時二十歳の鬼太郎と、その他諸々の人達の約1ヶ月のお話。

『誰とも関わりたくなくて中庭を逃げ回ってた私と、話し相手の居なかった鬼太郎』

当時書いていたノートをいつかブログに上げようと思っていて、今頃思い出した様に引っ張り出して読み返しました。
更新は不定期になるかもしれませんがお付き合い下さいませ。