FC2ブログ

月別アーカイブ

 2007年08月 

絵描きのCobble 

夕べの日記で
『どうしても会いたい』
と書いた人に会ってきた。

mixiを通じてひょんなきっかけで知り合った静岡の絵描きさん。
彼の描く繊細な線の絵に引き付けられ、いつか会いたいと思っていた。


つい3日前の事、どうやら週末に東京に来てライブアートをやると知ったので、何としてでも行きたくて、昨日はひたすら寝て過ごし、まだちょっぴり熱っぽい身体で渋谷のLOOPというライブハウス(クラブ?)に向かった。


一歩中に入ると、普段はほとんど縁のないHip HopやSoulが流れる中、その人はハコの隅で絵を描いていた。

想像した通りの人だった。

白く塗られた板に向かって絵を描くその目は眼光鋭く、時々リズムに身体を揺らしながら描く様を見ていたら、彼の絵は繊細なだけじゃなく、とても自由で大胆なんだと思った。


ずっと側にいて様子を伺いながら、声をかけるタイミングを待ち、やっとの思いで声をかけると、「ありがとう!嬉しいよ!」と言われ、握手して軽くハグしてビールで乾杯。

わざわざ来てくれたのだからと絵を描く手を休め、その場で革のプレートに絵を描いてくれ、ポストカードにも絵を描いてくれた。

それだけでも物凄く嬉しかった。

けれど、何よりも感激と感動を与えてくれたのは、時間が経つにつれ形になっていく絵をずっと間近で見れた事。

ステージで演奏されるのはBGM。
私にとって今日の主役はCobble、その人。


ライブが終わった後、無理を言って手首にも絵を描いて貰いました。

もし仮に私がTATOOを入れる事があるとしたら、絶対にCobbleにデザインをして貰いたいと思った。


手首の絵は洗ったら消えてしまうけど、この世にたったひとつの大事な大事な宝物になった。


ありがとう。
ありがとう。

お互いに何度もそう言った。




『また絶対に会おうね』







07080401.jpg


ちょうど私がハコに入った頃
描き始め?



07080402.jpg




07080403.jpg


作品完成



07080404.jpg


手首に描いて貰った絵
ピアスがあるからなんだか動物の顔っぽくも見える


07080405.jpg


貰ってきたポストカードと名刺
左上はポストカードの裏に描いてくれた絵
右上のはその場で描いてくれた革のプレート

関連記事