FC2ブログ

眠れない子守唄 

『眠れない』と嘆くキミ


その辛さは何年も痛い程味わって来たよ



眠れない事が辛いんじゃなくて

起きてると何処迄も落っこちて行く

どんなに泣いても解決しない

気付けば外はもう明るい


昇る太陽とは逆に

自分のココロは沈む一方



今だって薬を飲んでも徹夜出来るよ

だけどいつの間にか寝ちゃってて

「おそようございます」と家族に声をかける日々



「寝れない寝れない起きれない」とボヤいていたら

母親がこう言った

「眠れない事をマイナスに捉えないで
  どうせ朝まで眠れないのなら朝から散歩でもしてみれば?」



なるほどー



けれどもあなたのムスメは

眠れない夜をヲタクの如くネット徘徊して

午前中に起きられれば起爆剤投入して

電池切れ起こすまで起きているのです






関連記事

習慣 




習慣と言っても毎日やってた訳じゃないけど

ウチは私の部屋に猫1匹
下の部屋に猫3匹だった

たまーに早く起きると
婆さん猫のテンさんが
エサ場でお行儀よく座ってゴハン待ち

今朝は私が一番早く下に降りたから
3つ並んだお皿に3種類のエサを入れた

『ちょっと多かったかな?』

と思った時に我に返り
1匹居なくなった事を実感した



*写真は婆さん猫のテンさん
 無茶苦茶気性が荒い(泣)






関連記事

帽子だーらけー 




髄膜腫の手術をしてから伸び放題だった髪

自分でもびっくりする程長かったんだけど

やっぱり後ろは不自然だったから

いっつも帽子を被りっぱなし

エライ人の前でも一言断って被りっぱなし



年末にながーーい付き合いの美容師さんのとこへ行ったら

「ながーい前下がりのボブになってますよ」

と言われ(でも全剃りを期待してたらしい)


このままボブを維持するのは無理だという事で

今度は後ろ下がりにカットしてもらった

「なんかやっぱり凄く切りづらいですね」と言いつつ

パっと見にはわからないくらいにカットしてくれた




だけどやっぱり手櫛を通すとすーかすかな所あり





「春頃にまた切れば伸ばしやすくなりますよ」

とは言われたものの

また絶対に弄ばれるんだっっ

だって「伸ばしてもせいぜい鎖骨ライン」

「首が細長いから短い方がいい」って言われて

手術痕はさておき

ここ数年で一番長かったからなぁ



去年の春からずーーっと帽子

この冬はアホのよに帽子買い込んだ




でも帽子被ってるとデコかいぃんだよなぁ





関連記事

アズキさん・3 

夜魚2010年01月06日 13:09

お昼前に母が菊の花を買って来て
二人で箱の中に入れました

父はわざわざ会社を休んで
母に付き添い火葬場へ向かいました

私も行きたかったけど
最後にまた箱の中のアズキを撫でながら
「また会おうね」と声をかけ
家でお別れしました

お骨は帰ってこないけど
家族にとってはそれがいいのかもしれない

お骨のアズキが居るよりも
記憶の中で幸せそうだったアズキが残る方がいい



13:26

だんだん落ち着いて来た母に
「妹にはこの事伝えたの?」と聞いたら
首を横に振っていた

事実を伝える方も聞かされる方も
どんなに胸を痛める事か

私はアズキの介護に殆ど携わる事がなかった事で後悔し
夕べはパニック発作起こす程散々泣いたけど
母に「後悔するくらいなら出来る事はやらないと」
と言われたよ
今回の件だけでなくね

アズキはこういう結果になる運命だったんだと
割り切る様に母は言っていた
いつまでもひきずりたくは無いと

残された婆さん猫と爺さん猫とオッサン猫が居るんだもの
今回の事でもっと愛情かけてあげなくちゃと思った


17:04

掛かり付けの獣医の先生の紹介で
父と母が火葬場に行っている間
私も出かけていて帰ってきたら
アズキさんが立派なお骨になって帰ってきました

きちんと一体で焼いて貰ったそうで
歯から爪まで綺麗に骨が残っていたそうです

父と母でお骨拾いもして
小さな可愛い骨壺に入れられて帰って来ました

母はこれを妹に分骨してあげて
それから納骨すると言っていました

一緒に居なかったからわからないけど
きっとまたたくさん泣いたんだと思う
けれどお骨の話をしてくれた母は
何かちょっと吹っ切れた雰囲気でした

まさかお骨が帰ってくるとは思わなかったので
立ち会えなかった私も少し嬉しかったです


01月08日 02:05

アズキさんは愛されキャラで
でっかい身体して「にゃー」とは鳴かず
「ん”ぁー」と鳴く
猫は子供を嫌がる事が多いけど
甥っ子が遊びに来た時に散々かまわれても怒りもせず

可愛い可愛いヤツでした

家に居た母ですら最後を看取れなかったそうで
ある意味それもアズキの優しさだったのかなぁと
思ったりしているよ



02:20

ふとましかったアズキさんは
骨になってもふとましかったそうで
思わず笑ってしまったよ






関連記事

過食のお供・アズキさん 

昨日は1日中寝っぱなしで
夜中に台所へ行って今頃今年初のお雑煮食べて
過食スイッチがオンになってしまい
流しの前でしゃがみ込んでパンを食べてたら泣いていた

私の過食が酷くて毎晩の様に続いていた頃
よくアズキがどこからともなく起きてきて
私の脚にすりすりしてたり
何故かゴミ箱のビニール袋をしゃこしゃこと舐めていたり
そんな光景を思い出したら笑っちゃったケド寂しくなってしまった

そのままお骨のアズキのところへ行って
撫でながら「アズ・・」とつぶやいて
端から見たら夜中にちょっとホラーな光景だけど

過食のお共が居なくなっちゃってやっぱり寂しい


いや

最近じゃ殆ど酷い過食は無かったんだけど



夜中に1人と1匹が台所で
『もぐもぐ』『しゃこしゃこ』もホラーだったなぁと(苦笑)




関連記事

アズキさん・2 

まんじりともせずに朝を迎えました

いつもより少し遅く起きて来た母は
アズキの入った箱を部屋の隅に移動させ
泣きながら父の朝食を作っていました

なんて声をかけていいものか
気丈な母のそんな姿を見ていると
また私まで泣けて来て

たった1年ちょっとしか一緒に暮らせなかった私がこんなんで
子猫の頃から3年暮らした妹に連絡が行ったのかわからないけど
もし聞いたのならどんな気持ちでいるのかと思うとまた堪らない

私個人も13年一緒の猫が居て失う事など考えられないです


アズキ


オッサンみたいな貫禄だったけど
憎めない愛嬌のある可愛いヤツでした

今は痛みも苦しみも無い所へ行ったのだと思えば
少しだけだけど救われた気持ちになれます

残った3匹の猫達を精一杯愛して行こうと思います





関連記事

アズキさん 



年末年始
書きたい事は色々あるんだけど


嫁に行った妹の置き土産
アメショーハーフのアズキさん

ずんぐりむっくりな身体で
短いしっぽをぷりぷりさせて
我が家の4匹居る猫の中では
顔も身体も態度も1番デカイ


なのに1番体調を崩しやすく
一昨年くらいにエイズキャリアだと判明した


昨年暮れに体調を崩し『風邪だろう』と言われ
母が毎日獣医に連れていってるにもかかわらず
年が明けてから目に見えて悪化していた


エサも食べられず水も飲めず
自力じゃトイレに間に合わないのでおむつをしている


それでも動きたがり外に出たがる
そんな体力が残っている事が不思議だと
獣医師は言っているそうだ


ふたまわり位小さくなってしまった身体で
荒い息遣いをしながら
それでも動きたがる



私はここ数日部屋に篭ったきりだったから
正直あまりの憔悴ぶりに驚いた



洋モノの猫は元々寿命が短いと聞く
心臓も強くないと聞く

まだ7歳なのに

苦しそうな姿を見るのは正直辛くて堪らない



頭を撫でてやるとゆっくりと私の手に
頭を擦りつけてくる




生きろ


生きて




私も軽はずみな事しないから




生きろ アズキ






続きを読む

関連記事