FC2ブログ

雨降って 地はこれから固める 

結局、いつも通りに診察を受けに行ったけど
1時間待たされてだーれも居なくなった頃に診察室へ。


部屋に入ってもオロオロと立ったまま『謝らなくちゃ』と
思ってたら、「いいから座りなさいって」と先生に促された。


私が謝るよりも前に先生が

「オレ、ショックだったよー。医局にある
入退院した患者の名前が書いてあるボードを見たら
『なんでコイツが入院?!』ってびっくりして、
もっと酷い状態なのかと思ってたからさ。」


そう言われてまたベソかきながら事情を話すと

「その原因を作ったのは誰」

「私です・・」

と、会話の間々に同じやり取りが繰り返されて

「私がもの凄く屈辱的な思いをして
あんなに医者に噛み付いたのも初めてだったし、
もう二度とあの先生の診察は受けたく無い。」

だだ泣きしながら訴えたら

「今度やったらオレはキレるからな。もう知らないからな」

と言われ、ますますの勢いで泣いてたら

「泣いてるの?笑ってんの?どっちなの?w」とからかわれ、

「泣いてるんです!」と、更に怒濤の如く号泣。



診察は終わったのにいつまでも泣く私に

先生は「もう絶対約束破るなよ」

「ふぁい・・」

「ハイは?」

「はいぃ~」


「でも今日は罰として握手ナシ」

「やだぁぁぁ」←ますます泣く

「じゃあ小指だけ」と差し出されて

「いーやぁーだぁー!」と抱きつこうとしたら押し返された(ナミダ)



最後には根負けした先生が両手で握手をして

「いい?本当にこの次は無いからな?」との駄目押し

「はい。また改めてよろしくお願いします。」




で、


一件落着のハズが




鼻水まで出しながら

「せんせぇぇ、こーゆー時はどの頓服飲めばいいんですかぁぁ?」




安堵感でいつまでもナミダが止まらず。







例の狸医師の診察券は、先生の許可を得てから
廃棄処分させて頂きました。




追記

主治医によると『一泊入院』という扱いも出来たはずなのに
誰もその事を教えてくれなかった。

退院請求提出したから『診察お断り』という訳ではなく
「患者の方が『もう二度とこんな病院来ねぇよ』というケースの方で
『診察お断り』になる事の方が多い」だそうで。


聞かなきゃ教えてくれない病院の体制は
相変わらずダメなんだなぁ・・





関連記事

ドクハラだわな 

パニックがパニックを呼び

救急搬送されて手当てを受けた病院から

誤解が誤解を招いて通院中の病院に入院となる


病院で担当になった狸医者とナースステーションで水掛け論勃発。



そもそも、入院する必要もなかったし、するつもりもなかった私が退院請求を出そうとすると

『一日で退院なんて聞いた事ないし、今後外来も受け付けられないかもしれなくなる』としつこくしつこくしつこく言い続ける。


狸の言い分も間違ってる訳ではない。
要は【言う事を聞かない患者=ブラック=診察拒否】


けれど、それを盾に半分脅しに入って来た狸に、私は物凄い勢いで食ってかかり、

『今回、どうした経緯で私が此処にくるハメになったのか?ここまでに至った心情を私は夕べから何度もお話ししてきたのですが、それは聞いていらっしゃるんですか?』

と問いただすと、狸医者は『申し送りがまだ・・』とぐうの音も出ず。
つうか、ふざけんなよ。


『先生には申し訳ありませんが、申し送りもきちんと出来てない医者の言う事は聞けませんし、信用なんて出来ません。(それで診察なんて時間の無駄)』

と、
退院請求を出して強行退院してきた次第。



ま、頭に来た事は他にもあったけど。


金曜日には外来でいつもの先生の診察を受けるけど、その後継続受診出来るかどうかは、当日の話し合い次第。



狸医者は私の中で、この世で3本の指に入る位最悪医師リストに載せてやる。





関連記事

盥回しで盥が落ちた 

朝から精神科→市役所→地元の婦人科→地元の調剤薬局で一日がオワタ。



一昨日、地元の内科で膀胱炎はもう大丈夫と言われ、生理がおかしい事を相談してみた。


『薬沢山飲んでるから、副作用かもしれないね』と言われる。



本日午前中、精神科にて『まだ生理続いてるの?!メジャー飲んでるならわかるけど、
マイナーでそこまで酷い生理不順は無いはずだけどなぁ』と言われた。


市役所は野暮用。
書類書き書き。



そして婦人科へ行って、
『2ヶ月生理が来なくて、来たと思ったら2週間以上生理が続いてる』
と伝え、検査をしたら子宮口にポリープ出来てて、筋腫育ってて、
卵巣腫れてて、子宮内幕がぶ厚くなってて、無排卵月経だって 。

ポリープはその場で処置して貰って検査行き。
内膜も採取して検査行き。


結局、先生が言うには『排卵が無いから、内膜がどんどん厚くなってる。
だから、一旦薬で出血を止めて、古い内膜を全部出してやらないと。』との事。



そしてシメに盥が落ちてきた。

地元の掛かり付け調剤薬局にて、婦人科の処方薬の在庫が無くて、
やれ『後で取りに来い』だの『明日郵送する』だの(届くの来週じゃん)
『ここでしばらく待ってて貰えば・・』と言われる。


もうそんな気力も残って無くて、うんざりして
『家は近いから、薬が来たら持って来てくれ』と言って帰って来た


身体は冷えるし頭痛いしイラつくしで、本日3度目の頓服使用。





関連記事

ベースデビュー! 

私の話ではなくてウッシッシ


ライヴ友達の女のコが、いつの間にやらベースを始めていて、2/4に初ライヴハート


喜ばしいので宣伝しちゃうあっかんべー



2/4新宿ワイルドサイド、2/5渋谷ラママ、の2daysです♪


どちらもオープニングアクトで15分くらいなのですが、
良かったら見に来て下さいm(_ _)m

4日はニッキーのイベントで、5日はチープスターのイベントです!

5日はまだ詳細がわからないので、4日の詳細のみ参考までに載せておきます


2/4(土)
新宿 WildSide Tokyo
(http://ws-tokyo.com/)
Open/17:00
Start/17:30

adv:1800 +D/ door:2300+D (D代:500)

*元リクルート(as Motley Crue)
*40Licks(as Rolling Stones)
*犯寺(as PANTERA)
*Rumble 'N' Roses(as Guns 'n' Roses)
*JOHNNIE★PROJECT(Japanese Metal)
*NICE 'N' DOLLS(O.A./as RUNNAWAYS etc)

下からが出演順です。



当日私はカメラマンで参戦予定のすっカメラ



関連記事

去年の夏のヒトコマ 

ケータイの送信履歴を見ていたら、
友人に送ったメールを読んで苦笑い。

結構調子を崩してた時なんだけど。


以下原文↓


**********

私の診察中に待合室でリストカットした輩がおって、
先生に何回か電話がかかってきてたんだけど、
「それ、入院でしょ。外来じゃ診れないよ」と、
一部始終のやり取りをべそかきながら聞いてた私に、
先生が「また切ったりしたら知らないからね」とのたまうので
「大丈夫です。うちには包丁すら無いですから」と答えたら
「あったら切るんかーい!」とツッコミが入りました

**********


そんな私の家には、未だに包丁なんぞありません。





関連記事

ちきしょーっ 

苛立ちとやり切れなさでどーにもならなくなって




泣きながら布団に突っ伏して足バタバタ




アタマとココロが悲鳴あげてる







関連記事

3つの約束 

今日は朝から気分が沈んでいて

気持ちのやり場が無くて泣きっぱなし


こんな時

以前なら何かしでかしてたけど




先生と


切らない・ODしない・殴らない


って約束したから



泣くのはいくらでも泣いていい

って言われたから


朝からずっと泣きっぱなし





関連記事

やっぱり腎盂炎? 

今日は精神科の診察でえらく混んでたから 、
先生から「話まとめて!一人10分しか取れない」と言われる。
結局15分居座ったけどw

なるほど、早い人は5分程度で出て来てるよ。


だいぶ待たされて私の番。

「先生、膀胱炎になっちゃったんですけどー」


初めてなったから良く解ら無くて、
腰の右側が痛いと訴えると

「それ、腎盂炎じゃないか?血液検査したの?」

と聞かれて「してない」と言ったら、
今日もまた採血


だからここは精神科なのにっ!

身体全部世話になってる気がする



でも、身体とココロは繋がってるし

不安に思ってる事は
ここでまとめて話した方が安心安心。





でも、ホントに腎盂炎だったらどーしよ





関連記事

たかが膀胱炎 されど膀胱炎 

膀胱炎になったのなんて初めての経験だけど、
身体にまで症状が出るとは知らなんだ。


最初は喉が痛くて身体が痛くて熱が出て。

エライ事寝汗をかいて、
普段の風邪パターンと違うから、
インフルエンザを疑いつつ内科に行ったら


『膀胱炎です』


?!



いろいろ調べていたら、身体にも症状が出る様で。

今は腰の右側が痛くて堪らん。


膀胱炎になると、みんな身体に変調が出る物なのか?



眠いんだけど、腰痛ひ。




関連記事

おとし・・あな 

先週の金曜は今年初の精神科受診。

年末に先生が体調不良でダウンして休み、私は別の件でダウンしっぱなしで越年。


診察室の前の椅子でぐんにゃりとうなだれていたら、割と早く呼ばれて部屋に入ると、
マスクをした先生が「インフルエンザになってさー、先週は大変だったんだよ。
今日は貰って帰らないでね。」 との言葉から診察が始まり、
件のメールと電話攻撃の友達の波の激しさに
着いて行けない辺りの話を中心に診察が終わって

先生が私の手を取り
「冷たい手してるねぇ。んじゃ、パワー注入!」と両手でぎゅっと握ってくれた。


けど、「ハグがいい・・」と駄々をこねたら(ハグは月一の約束だから)
「え?いいの?」とカルテを見ながら
「今使っちゃうと来年までじゃなくて、来月まで無いんだよ?」
と言うから「来年って何ぃ~?酷いー!w」と喚き、
ハグしてる間に課題を出され「今年は頑張って行こうね」
と締めくくり。


そしてお年玉にインフルエンザをいただいてきたくさい年の始まり。





関連記事