FC2ブログ

月別アーカイブ

 2012年11月 

訪看さんありがとう 

毎週木曜日の午後は病院から訪看さんが来る。


ここの所の私はアホみたく洗濯ばかりしてはいたものの

それ以外の事はさっぱり出来ず

iPadに張り付いて片付けも進まず。



今日は

今日こそは天気もいいしあったかいし

訪看さんが来る迄に少しは片付け様と思っていた。



結果


思っていた【だけ】になってしまって気付けばお昼。




今日はどうしてもロフトに空のまま起きっぱなしの

Fitsケースを下に降ろしたかったのと

開かずの扉になっていたクローゼットの前の片付けをしたかったのだ。



そう思ったらいきなりスイッチが入って

訪看さんが来る迄のほんの1時間程の間に

ケースが置けるスペースを作り

ゴミを捨てて掃除機をかけて床を拭いて。


ちょうどいいタイミングで訪看さんが来て驚いていた。



その後は2人がかりでケースをロフトから降ろし

クローゼットの前を塞いでいた衣装ケースはロフトに上げて

やっと開かずの扉が開いて2人で感激した。



Fitsケースも下に降ろした事できちんと服の収納が出来るし

クローゼットにはジャケット類が掛けられる様になったし

小物の収納も出来る様になった。




ここまで1時間程の作業だったけど

訪看さんに「明日は診察があるんですから

今日はもうこれ以上無理をしないで下さいね。」と

クギを刺されてしまいましてん。


さすがですね。



相手はプロだから

私のちょっとした様子の変化も見逃さなくて

自分は慣れっこだけど何度も立ちくらみを起こす度に

直ぐに身体を支えてくれるし

躁状態なのを解っているから

『これ以上はダメ』とブレーキをかけてくれる。





いつだったか市役所の担当CWさんが

「ヘルパーさん使えばいいのに」と言ってきた事があったけど

料金もかからず片付けて貰う事は簡単な事。


けれど主治医があえて訪問看護を入れたのは

『自分で片付ける』のが大前提だったし

主治医の見えない所での私の生活状況や病状もわかるから。




通院で話す程ではないけど気になる事も相談出来るし

毎週毎週本当に有難く思っている。








関連記事