FC2ブログ

月別アーカイブ

 2012年11月 

診察後 

診察が終わって先生が

「喉乾いたでしょ?お茶飲みなよ。オレもコーヒー飲むから」

と、私が机の上に置いていたペットボトルを指差した。

「で。今日はデパケンの血中濃度見るから、血液検査してから帰ってね。」

との指示で

採血の前に血圧を計ったら 77-61

『あれだけ喋ってこれか。』と思っていたら(まだマシな方)

看護師さんにも「低いわねぇ。フラフラしない?」と聞かれて

(毎回の事なんだけど)「メトリジン飲んでるんですけど低いんですよねー」

と言って、今度は体重を計ったら、服を着たままで普段の体重より少ない。


ヤバイなコレ。


採血してから薬局に行って、普段なら友人の面会に行くか

中庭でダラダラとしてるんだけど

来月分の医療券を貰いに役所に行かなきゃいけなくて

それがあの忌まわしき生活福祉課なもんだから

頓服飲んでから病院バスに乗り込んで

思いっきり気負って役所に乗り込み

窓口から奥までずーっと担当の姿を探し

用紙を記入しながらも頭の中は

『上司を呼んで話そうか?』と本気で考えていた。


だけどもうなんだかバカバカしくなってきて

来月分の医療券を貰っておとなしく帰ってきたのであります。


今日の窓口で対応してくれた女の人は

いたって普通の対応だったのにな。



やっぱりアイツおかしいよ。







関連記事

涙ぽろり 

夕べは寝つきが悪くて朝も早くから起きていた。


まだ診察で何をどう説明していいのかゴチャゴチャで

身支度をしながら久し振りに体重を計ったらこの一週間程でガタ落ち。

あらためて鏡を見て見たら肋骨が浮いてて驚いた。




病院に着いて診察を待っている間も中々頭の中がまとまらないでいたら

入院してた頃から仲の良かったトシちゃん(還暦)が声をかけてきたんだけど

それにも応えられず。


しばらくして名前を呼ばれて『トシちゃん、長くなっちゃうけどゴメンね』

と思いながら診察室に入ると

何時もなら「 どう?」とだけ聞いてくる主治医が

「怒りはどう?」と聞いてきた。


何度も書いているけど、主治医は口が悪い。


「気分が悪い。」とだけ言うと

「その前に頓服は何が要るの?」と聞かれて「頓服祭りです」とメモを渡すと

メモを見た主治医は「祭りじゃなくて全部やんけ!」と、データを入力。




さて本題。


私が何故暴発し続けてしまったのか、そして理解されない事で諦めて

表情が出辛くなってしまった事に関しては

「解らない人に理解を求めるのは、やっぱり難しいよ。

だけどその怒りをどこにぶつけてるの?」と聞かれて

「ひたすらブログに書き殴ってる。昨日訪看さんにも読んでもらった。」

「でも、自分にも怒りが向いちゃって、朝から寝るまで気分が悪くて

『寝て起きたらまた気分の悪い私が居るんだ』と思うと寝るのも嫌だ」

と言うと「気分が悪いから早く寝ちゃおうとは思わないの?」と言われた。

それでも首を横に振って「そういう風に思え無い。」と答えるだけ。



まだ続く暴発の話

最大の生活福祉課CWの話。

丸々ここに書いた事を話すうちにどんどん暴走して行く私の様が解っていたのか

椅子を左右に揺らしながら「あーもー、その先聞きたくねぇなぁ〜」

と言いながら、私を咎める事はせず、逆にきちんと謝る事の出来ないCWに対して

「可哀想な人だね。」と何度も言っていた。

「最初に対応してくれたのは上司じゃなかったの?」と聞かれて

「名前すら名乗らなかったんですよ。なのに辛い思いをして、

勇気を出して電話をして頂いて有難うございました。」って言われて・・

寧ろ本人から電話があってからの方が益々怒りが増して、

次の日に生活福祉課の本院宛にメールを送りました。」と言うと

「で、どうだったの?」と聞かれて「無反応です。」と答えた。


主治医はそこでも「もう、そういう人なんだろうけど、可哀想な人だよなぁ。

上司に話せば良かったのに。」とまた言って

一番核心の所に触れて来た。




「誰とも連絡を取らないでいて、自分の気持ちのはけ口はどうするの?

彼とは会って無いの?」と言われて


「今月は一度しか会って無いし、誤解されて暴言吐かれて、それは謝ってくれたけど

私も不安定でどうしようもない時に電話で泣きながら当たり散らしたりしちゃって

それっきり連絡してないし、向こうも連絡くれる様な人じゃないし・・」


そう言うと


「電話じゃダメだよ。会わないと。

何かあったって蹴ったり殴ったりする訳じゃなし、

会いたいんでしょ?」と言われた時に


「会いたいです。」とぽつりと言ったら涙がぽろり。


「こんなに不安定になる前に『会いたいよー』って言ってたんだけど

今月は金銭的にも無理だねって話してて、来月の保護費が入ったら

会いに行くって言ってたんですよ。だけどそれっきり連絡入れて無いし

向こうも連絡入れてくる様な人じゃないし・・本当は心細いんです。」

と言うと

「なら会ってきなよ。電話じゃダメだ。」とまた言われた。




普段だったら号泣してたかもしれない。


だけど今はこれが精一杯。




訪看さんも私が診察時間の事を気にしていたのを

先生に言っておいてくれてたのか今迄で最長の40分。

何故か先生は最後に「カルテには7分て書いとくね」

とよくわからない事を言って〆られた。



問題が解決した訳じゃないけれど

吐き出すだけ吐き出して

少しだけ楽になれたかな。








関連記事