FC2ブログ

隔離・暴発・大爆発・3 

看護師さんは「(インフルのせいで)フラフラして倒れちゃったの?」

と聞いて来たから それまでの経緯を全て話した上で

「戻ればまた何か言われるかもしれなと思ったら居場所が無くて腹が立った

先生へのメモもインフルの事よりも現状で辛い事を書いたのに

返って来た返事はインフルの事だけだった。」と言うと



その看護師さんは

「先生はあのメモをちゃんと読んでました。

私、見ていましたから。きちんと読んでカルテにも挟んでいました。

夜魚さんの診察もいつも時間をかけてくれているのも知っています。

だから先生も夜魚さんの伝えたかった事は絶対に理解しているはずです。

でも今はインフルエンザを治す事の方が大事だから

先生も早くお家に帰って休んで貰う方がいいと思ったんだと思うんです。

それに先生は他の外来の患者さんも診なくちゃならないから、

ここでまた先生が体調を崩しても困るでしょう?

大丈夫です。先生は絶対にわかってくれていますから。」


そう言ってくれた。



私が腹を立てる程しつこく注意された理由は理解出来るけれど、

それが立て続けでタイミングが悪すぎて気分を害した事も

「どんな人でした?」と聞いて来て

「1人目は医事課の制服を着た人で丁寧だったんだけど、

2人目は白衣を着てて太めで目がギョロッとした人で

物凄い勢いで捲し立てられた。」と話すと


「もう少し話し方に注意する様に言っておきますね。」と言ってくれた。



送迎バスの時間迄 ずっと話しを聞いてくれた上に

荷物を持ってバス乗り場迄付き添ってくれて

「自暴自棄になっても自分の事を傷つける事だけはしないで下さいね」

と言われて見送られた。







確かに今回の私は病原菌だ。

だけど同じ精神科に通う患者でもある。

立て続けに2連発で病原菌は早く出て行けと言われて

わかっていてもダメージ受けない訳が無い。





それ故に暴発した。


怒りのやり場が無くて暴発した上に暴れた。


診察だって内線電話で少し位は話せただろう。







また怒りが増えた。




また不安も増えた。







採血ばっかでいつになったら薬の量が決まるの?




一体いつになったら落ち着くの?






関連記事

隔離・暴発・大爆発・2 

病院には戻れないし居場所が無い。



病院の真ん前にあるだだっ広い駐車場に

道路に面した所にポツンと一つ木製のベンチがある。


そのベンチに重たいエンシュアの入った手提げだけ置いて

自分は座る訳でもなくフラフラとしながらベンチを蹴った。





1回2回と蹴っているうちに悔しさと怒りが込み上げて来て

ベンチを蹴る勢いは増していく。

転んでも起き上がって蹴り続ける。



近くを通る人の声も何を言っているのか解らない




蹴って

蹴って

蹴って

蹴って




ベンチが変形する頃には泣きながら蹴っていて


『ダレカタスケテ ダレカトメテ』


そう思っているうちに過呼吸発作を起こして倒れ込み

誰かが知らせてくれたのか車椅子に乗せられて

また外来の空き部屋に連れていかれた。



怒りと発作で全身ガチガチに力が入っているのに

看護師さんがペーパーバックをあてがおうとすると

思い切りその手を払い除ける。

看護師さんが私のバッグから頓服を出してくれたけど

力が入って手に握りしめたまま。

白湯を飲ませようとしても歯を喰いしばって受け付けない。

無理矢理手を開かせようとしてもガチガチの指は開かない。



ただただ荒い呼吸で泣きながら

看護師さんの「入院したいの?」と言う問いに首を振り

「ならお薬飲もうよ。楽になるから。今のままだと痺れてくるでしょう?」


そうは言われても一度起きた発作はすぐにはおさまらない。




しばらく経って まだ力の抜けない手を必死に開いて頓服を飲んで

少しだけ落ち着いた頃 1人の看護師さんだけが話しを聞いてくれた。





関連記事

隔離・暴発・大爆発・1 

もう全身が怠いよ。

インフルのせいだけじゃなくて。




今日は精神科の日で朝が早かったし寒かったから、

重装備で病院に出掛けて行った。


自分がインフルなのを自覚しているから

長い待合室のベンチの人の居ない方を探して

やっと誰も居ない所を見つけて座った途端に他の患者さんが流れて来て

どうしようかと戸惑っていたら受付の方から私を呼ぶ声がした。


呼ばれて受付に行くと

訪看さんから私がインフルにかかっている事は既に報告が入っていて

今日は空いている診察室で待つ様に言われ診察も出来ないと言われた。


とりあえず空き部屋に通されたけれど看護師さんに

「先生とお話しも出来ないんですか?」と聞くと

それも無理だと言われる。


ならばせめてとメモを破って

「今、先生にメモを書きますから渡して戴けないですか?」と

その場で今辛い状況を書いていたら 傍に居た看護師さんは

焦れて急かして一旦部屋を出て行った。



しばらくしたら処方箋だけ渡されて 不安で付に落ちなくて

看護師さんに「先生からの返事が欲しい」と言ったら

面倒くさそうな顔をしながらまた部屋を出て行って

先生からの返事を持って来てくれた。



だけどその回答は私にとっては全くの的外れな短い物で

メモを持って来てくれた看護師さんに

「先生はインフルの事とこの一週間の病状の事を勘違いしてる」と話し

少し事情を聞いて貰ってから腑に落ちないまま医事課で手続き。



その後

医事課の目の前にある二重の自動ドアの間のベンチに座って

お昼ご飯に持って来たエンシュアを飲んでいたら

外来の受付の人が飛んで来て

「もし送迎バスをお待ちでしたら先程のお部屋で待って戴けますか?

インフルエンザは感染力が強いのでこちらに居られると色んな方が通りますので」

そう言われて

「あ、すいません。もうコレ飲み終わりますので、すぐに薬局に移動します」

と言うと「そうですか。わかりました」と受付の人が自動ドアを出た途端

反対側のドアから今度は外来の看護師が入って来て

威圧的に私に注意をし始めた。

「ここには抵抗力の無い患者さんもいるんだから」と捲し立てる言葉を遮る様に

キレそうになるのを堪えながら

「今、注意を受けたばかりでコレあと一口で飲み終わるんで、すぐに薬局に行きます」

と言って飲み干して 病院から出て行った。




薬局に行ってお薬手帳を見れば

今 私がインフルなのはすぐにわかる。


だけど薬局で相談した事は

・インフルだから診察が受けられ無かった事

・ずっと睡眠障害を訴え続けているのに、メモのやり取りで

『体調が悪い時は眠れないもの』と主治医から返事が来た事

そんな事を話すと

「診察が受けられれば眠剤の調節はいくらでもできるんですけどねぇ・・」

と言われて何時もと変わらない処方薬を貰って薬局を後にした。





だけど送迎バスは出たばかり。


次のバスまで1時間。







関連記事