FC2ブログ

春眠暁を覚えやがれっ! 

先週から花粉症の症状が酷くなって

最近は部屋に籠っていても頓服の世話になる始末。



大概は夜遅くに鼻水が止まらなくなって使う程度だったんだけれど

ここ数日で益々症状が悪化した。


夜寝ようとする頃になると必ずくしゃみと鼻水が止まらなくなって

此処で頓服1回使用。


寝るには寝れるんだけれども何度も何度も目が覚めるから

熟睡間なんてこれっぽちもない。

物凄い身体の怠さと頭重感で

止まらないくしゃみと鼻水と闘いながら

朝っぱらからエンシュアの入ったマグカップを持って

飲んでる最中も舌を噛みそうな勢いでくしゃみを連発して

朝の薬と一緒にアレグラ飲んで一先ずは沈静化。


今迄だったら此れくらいで済んでいたのにここ数日間はシャレになんなくて。


朝から頭重感と身体の怠さがあるのは変わらないんだけれど

朝から気力も上がらずに昼にはもう点鼻薬も効かない程鼻水が出る。

何をして居る訳でもないのに夕方には猛烈な眠気に襲われる。

夜になったら頭重感どころの騒ぎじゃなくてずーっと鈍痛が続く。

一時は楽になった身体の痛みがまた復活。


まるで熱が出ないだけで風邪を引いている時みたいにシンドくて堪らない。



今朝もろくに寝れずに二度寝も出来ずに起きて来て

外は凄い強風で朝から気力も落ちまくり。

それでも昼迄は『何かしなきゃ』と思っていたけど

頭も身体も重くて仕方が無い上にくしゃみも鼻水もちっとも止まらないから

ロキソニンと耳鼻科と精神科の頓服を一緒に飲んでロフトに転がって居た。



もうずっと読み直したい本があって枕元に置いてあるんだけれど

数ページ読んだらうたた寝してて

読みたいのに読めないの繰り返しと少し寝て覚めてはの繰り返し。



結局昼寝をしたって頭も身体もスッキリし無くて

気分は悶々としたまんま。



関連記事

今日は私の電球切れ 

昼間何故頓服を飲んで迄買い物に行ったのかと言うと

駅前にある大きなスーパー迄行かなくちゃいけなかったから。


以前は頻繁に利用していたんだけれども

何故かそのスーパーに行くと生あくびばかり出て子供の声が煩わしくて

いつもいつも気分が悪くなってしまって一度パニ障発作を起こしてしまって以来

よっぽどの事で無いと足が向かなくなってしまったから。


なので

今日も電球だけを買いに行くのに頓服を飲んで外に出て

脇目も振らずにスーパーの電球売り場迄直行したけど

今迄使っていたのはただの『省電力タイプの電球』だったという事が解って

しかも値段が異様に高い。


以前同じスーパーで買った時は店員さんに勧められて購入したけれど

一人で電球売り場にしゃがみ込んでアレコレと手に取って比べているうちに

値段と寿命と消費電力で頭がこんがらがって

電球を手に取って立ち上がっては立ち眩みの繰り返し。


今度こそは電球型蛍光灯を手に入れて(しかも値段は今迄の半分)

せっかくスーパーに来たんだから食料品も買おうと思った矢先

もう子供の泣き喚く声が聴こえて来てやっぱり買い物が出来なかった。


仕方が無いから別の所で食料調達して遅めのお昼を食べた後

やっぱり昨日の疲れと布団で寝なかったツケが来たのか

夕方になったら眠くて眠くてどうしようもなくて

ロフトで『ちょっと横になろう』のつもりが大爆睡。


おかげで唯一楽しみにしているフィギュアの世界選手権が最初から観れなくて

かな〜りがっかりしたんだけれど

頭も身体もお疲れで今日は私の電球が切れちゃったのね。



関連記事

暗い部屋で何をする 





飯田さんの所から帰って来てまだ日も暮れ切らない頃

久々に朝から2件も予定をこなしてぐんにゃりしながら荷物を降ろし

外が段々と暗くなって来た頃にカーテンを閉めて電気を点けた


ら?


いくらスイッチをパチパチ弄っても点かなくて

『ちゃんと電気代払ってるぞ?』と思いながら真横の冷蔵庫を開けて見た。


ちゃんと電気は通って居るからただの電球切れなんだけど

蛍光灯タイプの球を使って居たのに切れるのが早過ぎやしないかと

諦め悪く電球を外して戻し今度はロフトにあるスイッチをパチパチ弄って

それでもやっぱり点かなくて。


まだ着替えもしてないから買いに行けば済むのに

そんな余力も残って無くて

仕方が無いからロフトにある蛍光灯と

狭い台所の割にはやたらと明るい電気を点けて

薄暗い部屋でテレビ見てたり

昼間書きかけたブログの記事の編集をしてたり

そんな事して過ごして居たらあっという間に夜も更けて

そのまま椅子で寝落ちして頭と首が痛くて目が覚めた。


エンシュア飲んでから布団で寝直そうかと思ったけれど

ヨロヨロと流しでマグカップを洗っていたら

手が滑ってマグカップが足の甲に直撃して痛さでバッチリと目が覚めた。



天気が良過ぎて外に出たく無いけど

薄暗い部屋で過ごすと気分が落っこちちゃうから

頓服飲んで此れから電球買いに行ってくるのであります。



関連記事

刺さります 





さて

病院を後にしてしばし時間を潰してから

やっと飯田さんの元へと行けたのは前回からもう4ヶ月ぶりだった。


不義理を謝ると逆に飯田さんは私の体調を気遣ってくれて

そういや年明けからインフルエンザにかかったり

身体の痛みが酷くてしょうがなかった事や

食事もろくに食べられ無くてギスギスに痩せてしまった事や

今は花粉症で参っちゃってる事


なんて話しをしながらも


飯田さんは私の髪にバシバシハサミを入れていって

「何かしたい。何か別の事がしたい。」と言いながら

私の周りをウロウロしてる。


ずっと左側が極端に短いアシンメボブのバリエーションだったから

「よくぞ伸ばしてくれました。」と言いながら

右側の長い髪を持って何度も持ち上げて捲ってみるから

「右側切っちゃったらハゲ見えちゃうじゃないですかぁー」と言ったら

「上に被るから大丈夫ですよ。」と言うけど

「風が吹いたら見えちゃうじゃないですかぁー」とまた言ったら

「でも何か毛が生えて来てるみたいですよ?」って言うから

「これは床擦れだから、皮膚科の先生に

『毛根自体が死んでるからもう髪は生えて来ないよ』って言われて

どうしてもって云うなら皮膚切って引っ張って縫うしか無いんだって」

って言ったら

飯田さんは「それだったらもっと歳とったらやるといいですよw

片っぽだけ引っ張られてリフトアップするんじゃないんですか?」と

何時ものキャラですっとぼけた事を言ってくれた。


結局右側の長い髪を切るのは断念したけれど

飯田さんの創作意欲は尽きる事なく

やっぱりバリカンが出てくるし

スタイリングの時になったら右側の長い髪が

まるで刃物みたいに思いっきり前に突き出していて

突き刺さりそうな勢いで飛び出している。

「これアンテナみたいじゃないですかー」って言ったら

「これで春の陽気を受信して下さい」って言うから

「逆に私が変な電波飛ばしそうだわw」と言って少々修正。


嬉々としながら「こんな感じになりました♪」と

合わせ鏡で横と後ろを見せられて

『あれぇ?案外ふつーじゃん?』と眺めて居たら

飯田さんは「夜魚さんはどんな髪型にしても似合うけれど

『やりすぎちゃったかな?』って思う時でも馴染んじゃうんですよねぇ」



と言われて



褒められてるんだか実験台にされてるんだか

はたまた飯田さんの創作意欲を掻き立てられるのか

鏡越しに写メを撮る私を見ながら

「後ろは普通に見えるけれど普通じゃないです。」と言っていたけれど

確かに鏡越しに見ていただけじゃフツーに短いだけだったけれど



家に帰って来てよくよく頭を触っていたら

やってくれたよ飯田さん。



左側はフツーに短く刈り込んであるだけなのに

右の耳の後ろ側は思いっ切りバリカン入ってて

両耳の後ろ迄アシンメになってやんの・・。



関連記事

雑談? 

朝こっ早く起きたのにモタモタしてたら

とっくに家を出なくちゃいけない時間を回ってて

慌てて家を飛び出して電車に乗って駅に着いたら病院の送迎バスが出る寸前。

なんとかバスには間に合って病院に着いたはいいけれど

朝からずーっと落ち着かないからあっちウロウロこっちウロウロ。


普段なら先生の診察室の真ん前で待ってるんだけど今日は人の少ない所に居たら

名前を呼ばれて部屋に入ると最初の言葉が

「何で今日は前に居なかったの?」だった。


今日も入院患者さんの診察があるとの事で最初っから時計をこっちに向られて

「あんまり時間が取れないからね」と言われてんのに私の目線は先生のおでこ。

元々アトピー持ちの先生だけど今年は花粉と黄砂と2.5にやられ

前髪がおでこに当たるだけでもかぶれてしまうからと頭がトサカ状態になっていた。

見ればホントにおでこはガビガビになっていて「今年はキツイよねぇ〜」と言うから

「私も去年の薬だけじゃ間に合わなくて月曜に頓服貰って来たんです。」と

貰った薬の名前が出て来なくてあーだこーだと言ってたら

先生も「そんな名前の薬は知らねぇぞ」と言われた時に

ハタと思い出してお薬手帳を引っ張り出して先生に見せた。


此れでどれだけタイムロスした事か。



肝心な事は昨日訪看さんに話した事を掻い摘んで話すのが精一杯で

「それじゃアル中まっしぐらじゃん」と突っ込まれるわ

「ケータイとiPadから離れなさい」と怒られるし

昨日美容室に行けなくてこれから矢川まで行くと言ったら

先生はそっち方面の病院にも週一で勤務して居るから

「あの辺て『肉の万世』位しかないじゃん?」と知って居たのか

時間が無いって言ってんのにそっから脱線しっぱなし。

「その万世の斜め前にずっとお世話になってる美容師さんが居るんです。

元々は大きいお店の店長をしてたんだけど、今は個人でやってるんですよ。」

と言うと

「いくら長い付き合いでもそんなにキャンセルしてたら失礼だから

今日はちゃんと行って来なさいよ。」と咎められてしまった。


『落ちつかない』『自制が効かない』『キチガイなんじゃないか』と訴えていたら

「他の事に手を着けなさいよ」と言うけれど

「他の事に手を出し始めると違う物が目に入った途端にもう違う事をして

その間にケータイ弄ってたりiPad弄って繋がらないとまた違う事に気が行って

結局何にも出来ないから、訪看さんにも来週からは一ヶ所ずつ片付けようって

そういう話しをしてたんです。」と言った後で

ふと思い付いて「そーゆー時に頓服飲めばいいんですか?」と聞いたら

先生は「そういう使い方をしてもいいと思うよ」と言われて

そういや部屋に篭りっ放しで此の所あんまり使って無かったけれど

イラついて落ち着かなくてどうしようも無かったのに

その為に出された頓服だったのに我慢しなきゃよかったんだ。


今日はもの凄〜く慌しい診察(?)で

最後の最後で気になっていたトピナの血中濃度の結果を聞いたら

「今は丁度いい数値が出てるから現状維持で様子見てデパケン調節するから。」

と言われて「じゃあまた来週ね」と握手だけはしっかりしてくれて15分で診察終了〜。


トピナはもうMAX量だから後はもうずっとデパケン調節が続くのか・・。



その後薬局に行く前に先生に出会して

「せんせぇ〜、最近また下の住人が夜中になるとうるさくて壁殴っちゃうんですけど」

と言うと

何か勘違いをしたのか

「そんな事ばっかりしてたら捕まっちゃうよ」と真顔で言われて

診察室じゃないから状況も説明出来ず終い。


薬局で薬を貰ってバス待ちで病院へ戻って来たらまた先生に出会して

「なぁ?ウチの病院て来月から全面禁煙になるじゃん?薬局はどうなの?」

と聞かれ

「何の貼り紙も無いから禁煙にならないんじゃないんですかぁ?」と言うと

先生は

「だよなぁ〜。ウチの患者が薬局にタバコ吸いに行っちゃいそうなんだよな〜」

と言うから

『あぁそうか、外出許可が出てる人は吸いに行ける所には行っちゃうだろな』

と思ってちょっと苦笑いしながら

「行っちゃうんじゃないんですかぁ?」って答えたら

先生は首を傾げながら「じゃあまた来週ね」と言って早足で去って行ってしまった。



今日は何だか診察を受けた感じがちっともしなくて

先生と雑談ばっかりして居た気分。



それでも毎週激務をこなしている先生に会うと

『自分も何とかしなくちゃいけない』と思うし

すぐに問題は解決しなくても

どんなに叱られる事があったりしても

やっぱり安心感を得られるだなぁ。




関連記事

キ チ ガ イ 

じせい[自制]
( 名 ) スル
自分で自分の感情・欲望などを抑えること。 「 -心」






ワタシノ脳ミソニハ


『自制する』


ト云ウ事自体


最初カラ持チ合ワセテ居ナイノカ?



ダカラ


ワタシハ



キチガイナノカ?






関連記事

詰め込み過ぎ 

あれからバタバタと落ち着かないから頓服薬をかっ喰らって

部屋中ウロウロとしながら色んなものに手を出していたら

あっと言う間にお昼過ぎ。


エンシュア飲んで一服してたら丁度いい所で訪看さんがやって来た。



最近のケータイゲームとアルコールの依存っぷりと

日中外へ出られないストレスと

『何も出来ない』とやるべき事の優先順位を付けられない事

頭の中では解って居ながら自制が効かない自分が居る事と

先週の診察で先生に話し切れなかった事や不安や

未だに怒りが外に向くとその後で自分を責める事を話した。



訪看さんはたった1週間での生活の変化に少し驚いていた。


「外に出られないストレスもあるのかもしれないけれど

マイペースでやってたのに、事イベントが始まるとムキになり出して

『ダメだ。止めなきゃ。』って思って居るのに1位取らなきゃ気が済まなくて

朝から晩までケータイが手離せなくなっちゃって・・。」と言うと


訪看さんは少し苦笑いをしながら

「ケータイゲームは自分もハマって懲りた経験があるし、

夜魚さんも頭では『何とかしなきゃ』と思ってるのなら

気を付けながらやれば大丈夫ですよ。」と言われたけれど

食事と飲酒の事を心配してた。


「以前は殆ど呑まなかったのに、今はどれ位呑んでるんですか?」と聞かれ

「ほぼ毎日だけど酷い時には昼過ぎから350mlの6缶パックが全部空いちゃう。

しかもダラダラと『ながら喰い』です。なのに体重の変化は無いんです。」

と言うと、とりあえず食事が摂れている事には安心した様子だったけれど

「買い物に行くとビール買っちゃうの?」と聞かれ

「ついついカゴに入れちゃってるんです。」と答えた。


相変わらず怒りが外に向くとその後で自分を責めるの繰り返しは

「先週の診察で先生から『なんとか堪えてよ。』って言われました。」

と言うと「普通の人なら不愉快に思う事でも黙ってやり過ごすんだろうけれど、

夜魚さんは優しすぎるんですよ。だからそうやって他人に怒りを向けた後で

自分を責めちゃうんですよね。だけど声に出す前に一呼吸置くとか、

せめて舌打ち位にしておかないと、本当に何かあったら危ないですよ。」

と、先生とおんなじ事を言われてしまった。



『何も出来ない』と訴えた事に関しては

「私が毎週訪問する時間や診察日には、きちんとそれを守れているじゃないですか。

それは『何も出来ない』と云う事では無いんですよ。」と言われたけれど

逆に私は「毎週の訪問や診察が無かったら、それこそもっとストレスが溜まる。」

と言って

「やるべき事の優先順位すら付けられなくて、

美容室の予約入れたんだけど気付いたら今日の夕方で・・」

と言うと、訪看さんは少し慌てた様子で帰り支度をしながら

「時間は大丈夫なんですか?外に出るなら今日がチャンスですよ。」

と言ってきたけれど

午前中に準備もせずに、服を片付けてたりブログ書いてたり

ケータイゲームやってたりしてたらお昼になっちゃったから

「大丈夫です。間に合わなかったら間に合わないと云う事で」と言って

玄関でお礼をして見送って部屋に戻って時計を見たけれど

やっぱり時間に無理がある。



またバタバタして混乱しちゃうとリフレッシュにもなりゃしない。

明日は病院にも行かなきゃならないからと思って

本当は行きたかったけれどキャンセルした。




後先何も考えずに


色んなモン詰め込むと


結局抱えきれずに


頭が暴発秒読み段階





関連記事

暴走 

夕べからの雨のお陰で花粉症の症状は和らいでいるけれど

気付いたらもう木曜日で昼過ぎには訪看さんがやって来る。


此の所ケータイゲームとアルコールに依存してばかりで

また問題作っちゃって

『このままじゃいけない』と思いながらも

自制の効かない自分が不甲斐なくてしょうがなくて

落ち着きなく過ごして居る。


髪も切りに行きたくて

月の初めに予約を入れたけれど

調子が悪くてどうしようもないからキャンセルして

何にも考えずに予約を入れ直したら今日の夕方からだった。


昨日みたいな天気じゃないから外に出るのは大丈夫だろうけど

本当に後先何も考えずに脳ミソが暴走してんだなぁって思うと

やるべき事の優先順位すら付けられなくなちゃっている。


でもまぁ久々に大好きな飯田さんの所へ行けるから

今日は少しは気分も晴れるかなぁ。


関連記事

なんにもできない 

思い付いて記事を書こうと思う時には

いつもWiFiかここのサーバーがダウンしてて

もうそれだけでもイラついて堪らないのに

今日なんて砂混じりの強風で一歩も外に出られない。


あまりの強風で部屋の中でも居場所が無い。

耳鼻科で貰った頓服飲んで

ブログを更新しようと思っても何度やっても繋がらない。


そのうち夕方近くに呑んだビールの所為なのか

風の来ないロフトに上がって転がって

気付けば小一時間程うたた寝をして

もうあっという間に夜になる。


日中あれだけ繋がらなくてイラついたサーバーが

何故か夜はサクサクと繋がる様になったけれど

結局は何にも出来ず終いで今頃駄文を綴ってる。




関連記事

土竜生活 

花粉症の症状が酷くなって先週耳鼻科を受診したけれど

日中は全く外に出られない程症状が酷くて

身体が怠くてしょうがない

外に出るのは日が暮れた頃

洗濯も夜になってからで部屋に干して

ケータイばっかり弄ってる


此の所の脳ミソの暴走っぷりも酷いモンだけれど

日中部屋から出られないってーのに

いつも座っている近くの出窓がぶっ壊れてて

ちゃんと閉まってくれないもんだから

花粉症の症状がもっと酷くなっちゃって

月曜に頓服薬を貰いに行ったついでに買い物に行ったけど

自宅に戻った後で花粉塗れな気分が嫌ですぐにシャワーを浴びた程




たかだか花粉症だと云うなかれ



此れがストレスで外にも出れず

ブログを更新しようとすればサーバーに繋がらず

携帯に迄影響するからWiFiの電源切って

昼過ぎからダラダラと酒を煽り気付けば深夜になって居る



相も変わらず頭と身体は落ち着かなくて

朝から晩までごちゃごちゃしてる



土竜生活もシンドイものよ






関連記事