FC2ブログ

調剤薬局で薬ギレでキレる 

さて、耳鼻科と皮膚科の処方箋を手に入れて後は調剤薬局へ行けばいいんだけれど、かかりつけの薬局は医者と自宅の間にある。

なので医者の斜め向かいにある100円コンビニで買い物をして、一旦自宅に荷物を置いてから調剤薬局へ行ったら、かなーりデッカい薬局なのに、座る所も無い程混んでいた。
こんな光景は初めてだし、最初に「時間がかかる」と言われていたから、突っ立ったままで『こんなんだったら待ち時間の間に買い物に行けば良かったなぁ』と後悔した。

だけど番号札順には呼ばれていなくて、薬の用意が早く出来る人からどんどん呼ばれていくから大人しく空いた席に座って待っていたんだけれど、周りは私の天敵の幼児がいっぱい。
ふと時計を見たらもう頓服も切れる頃。

やっと呼ばれてカウンターへ行くと、耳鼻科で処方された点眼薬がジェネリックになっている。
『あぁ、もう何が何でもジェネリックなんだなぁ』と思いながら椅子に座ると、見慣れない錠剤が一種類。
聞けばこちらも耳鼻科で処方された『アレグラ』のジェネリック。
だけど私が去年処方されてて今回も先生に見せられたのは、錠剤では無く崩壊錠。

コレ↓





それを薬剤師に伝えると「今は先生の指示が無くても、こちらでジェネリックに変更する事が出来るんですよ。」と言われて「私は耳鼻科で見せられたのは崩壊錠の方だし、普段から飲んでる薬が多いんで崩壊錠に戻してもらえませんか?」と言ったら、担当の薬剤師は「そうですよねぇ?錠剤だけでお腹一杯になっちゃいますよねぇ?スイマセン、すぐに変えて来ますんでまたお待ち頂けますか?」と言われ、またベンチに逆戻り。

しばし待たされ名前を呼ばれて仏頂面でカウンターへ行くと、担当の薬剤師は薬を袋に詰めながら、1人で勝手に「そうですよねぇ?崩壊錠の方がいつでも何処でも水無しで服用出来ますしねぇ?こっちの方が効き目が早いですか?」と聞いてきて、(そんなモン他の鼻炎薬を処方された事無いからわかんねぇよ)と苛々しながら「即効性はあると思いますよ。」と言って、皮膚科と耳鼻科の薬をゴッソリ渡されてもの凄くやってらんない気分になって自宅に戻った。




ジェネリックに関しては最近の記事でも書いたし、数年前の記事でも書いたけれども、この数年で全く事情が違って来てる。

少し前迄は選択肢があったのに、今は有無を言わせず後発品(ジェネリック)がある物は、患者の意思とは無関係に変えられる物は全て変えられてしまう。

確かに、先発医薬品と全く中身は一緒だし、長年同じ薬を飲み続けていた人達などは薬価が下がるのだから負担も軽くはなるだろう。
だけど何で今更いきなりここに来て、何処に行ってもジェネリックジェネリックなの?


しつこい様だけれども、私は何年も前からジェネリックに関しては疑問を抱いていたのに、今度は選択肢すら与えられないという疑問が湧いて来た。

本当にお上のやってる事は医療を受ける私達の為なの?




何だか腑に落ちないのと頓服切れとやってらんない気分になっちゃって、夕べは珍しく酔っ払う迄ビールをかっくらっておりましたとさ。





関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://morphine09.blog26.fc2.com/tb.php/1022-d0f11268