FC2ブログ

一人じゃないよ 



↑ぽちっと拡大


夕べはぐったり疲れていたのになかなか布団に辿り着けなくて、朝起きたら11時前で飛び起きたのはいいけれど、昨日の気温差と低気圧のバカヤローのおかげで頭と身体が痛くて堪らない。

それでも用事があったから何とか外出はしたけれど、頭痛も身体の痛みも増すばかりで『もう今日は何もしない』と決め込んで、ロキソニンと頓服を飲んでエアコン切ってロフトに上がろうとしてた時、苛々としながら探し物をして居たら『コロリ』と懐かしい物が落ちて来た。


まだ私が実家に強制送還されてた頃、ODとリストカットと過呼吸発作を何度も繰り返し、衝動的な行為ばかりで離人症まで発症したのに、何度も入院を拒み続けて来た挙句『今ならまだ任意で入院できるから。このままじゃあなたの命に関わるのよ。其れ位事は切迫してるのよ。』と、当時通っていたクリニックの先生に説得されて今の病院に入院したのが3年前の夏の事。

元々は一人部屋を希望していたんだけれど、狭い2人部屋で数日間一人で過ごし、他人と関わりたくないから食事も病室に持ち込んで、あまりの量の多さに食事を摂る事すら苦痛で堪らなくて涙が出る程だった。

程無くして同室になったのは、私の妹よりも若いコで戸惑ったんだけれども、相変わらず他人と関わりたく無い私は間仕切りのカーテンを開ける事も無く、声を掛けられない限りは自分から話し掛ける事も無かった。

だけど私の居た病棟は急性期病棟だったから、とにかく患者さんの移り変りが目まぐるしくて、同時期に入院して来た患者がどれだけ居た事か。
時期を同じくして入院して来た事も手伝ってくれたのか、同室のコとも他の患者さんとも打ち解けられる様になった頃、私が実家の問題で夜になると過呼吸発作を頻発する様になったのもその頃で、NSで手当を受けてぐったりと部屋に戻ると、いつも私のベッド脇には心配の言葉や不安が綴られた小さなメモが置いてあった。


そんな彼女はみんなから妹の様に可愛がられていたけれど、家庭の事情と主治医の治療方針で意見が食い違ってしまい、急に退院すると聞かされ本当に呆気なく退院していったけれど、しばらくして他の病棟仲間の退院祝いにひょっこりと病院の中庭に来た時に、その日たまたま外に出られ無かった私に後から差し入れと一緒に渡されたのは、小さな額に入った手描きのメッセージ。


彼女の事は忘れてなんかいないけれど、たまたま転がり落ちて来たメッセージを読み返して、昨日といい今日といい『負けるんじゃないよ』と、妙なタイミングで昔の仲間に優しく背中を押された気持ちになって、『苦しいのも辛いのも自分1人だけじゃないんだよなぁ』と思ってたら、思い掛けずに涙がポロリ。




    『ちゃんと闘ってきたから、乗り越えてきたから

     次のハードルがあるんだよ。


     何回でも、切り替えて

     何回でも、立ちなおって

     何回でも、楽しもうと思えるじゃん。』





関連記事

コメント

目頭が熱くなってしまい…。なんだか私も、背中を押してもらった気がします。

彼女のメモも、退院近くに4人部屋になった時に仲の良かったコの同じ様なメモも、未だに入院中に書いてたノートと一緒に持っているよ。

大きな病院に通っていると、色んな人と出逢って別れて、ちょっとした出来事やコトバでも、薬より効く事もあるんだねぇ。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://morphine09.blog26.fc2.com/tb.php/1054-f6a2ba2b