FC2ブログ

遅咲きの高貴な華 

image_20130529140045.jpg


Jeff Buckley 【GRACE】V.C ver.


私はこのV.Cを96年頃から今の今迄何百回となく観続けてきたけれど、未だに必ずエンディングで鳥肌が立つ。




遅咲きの高貴な華との出会いは94年のデビューアルバムが出た時の事。

今みたいに簡単に音楽の情報収集が出来なかった頃に、たまたま愛読していた雑誌で興味を持ったのが切欠だった。



長い長い下積み経験と挫折を味わい、バーの片隅で弾き語りをして27歳にして遅咲きの高貴な華を咲かせた。







95年にたった一度だけ来日して、その声と気迫とステージングに圧倒されて、ただ息を飲んで最後迄身動きも取れず終いだったけれど、あの時、同じ空間に居られた事とCDでは味わえる事が出来ない体験が出来た事は、未だに私の貴重な宝物になっている。



その翌年に引越しをしてCATVを入れた事もあって、先に上げたV.CやLIVEを録画して何度も何度も繰り返して観続けて、ブート盤や輸入盤を買い漁ってCDもビデオもボロボロになってしまう程。




何故そんなに惹き込まれるかって?




それは以前にも書いたけれども、この人は自分の命を削って迄でも曲を創って歌い続けて来たと思うから。


どの曲を聴いていてもそれ位の気迫と優しさと儚さを感じさせるから。






JEFF BUCKLEY
1997.5.29 享年30歳
アメリカ ミシシッピ川で溺死
遺体が発見されたのは死後5日も経って居た




お酒も入ってたと云うし気分が良かったんだろう


夜のミシシッピ川で泳いでみたくなったんだろう


子供の様にはしゃぐJeffの姿が目に浮かぶ様だ


(Jeffはドラッグなんかやってない!)





高貴な華は死後も人を魅了し続け今も大輪の華を咲かせ続けている




【GRACE】full album

↑これは死後になって発売された物なので、オリジナルアルバムには最後の曲は入っていません。






*****



この記事を書く為に久々にJeffのWikipediaのページを覗いてみたら、新しく書き加えられた項目が目に止まって涙が出た。




彼も双極性障害を患っていたんだ。




関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://morphine09.blog26.fc2.com/tb.php/1076-167e29f2