FC2ブログ

ネキシウム 

半分の胃袋』←クリック

以前上げた記事なんだけど、今年に入ってから胃の調子がとにかく悪くて、空腹になると差し込む様な痛みがあったし、食べたらたべたで胃もたれするか痛くて痛くて動けなくなる程で、たまたま診察後に採血があった時に看護師さんに「最近調子はどう?」と聞かれた時に状況を話したら、内視鏡検査をする羽目に。


結果「ピンク色で何処にも異常は無かったよ」と、言われたものの、痛いモンは痛いんじゃ!
で、ムコスタはそのまま継続して何故か同じ薬理作用のセルベックスを処方される。


勿論効か無い。
どっちも粘膜保護の薬だから。


よっぽどパンシロンか太田胃散でも飲んでる方が楽になるんじゃ無いの?と、胃もたれと吐き気とげっぷが止まらないと先生に言うと、「今更ガスターに戻してもしょうがないしなぁ。ネキシウム飲んでみる?逆流性食道炎の薬。俺も飲んでるけどいい感じだよ?」と、変えて貰ったのはいいけれど・・

おくすり110に書いてある『めったに無い副作用』が片っ端から出始めた。

診察の度にそれを伝えると「もう少し様子見て」の繰り返し。
その間にも先生が学会で診察が一週空いたり、急病で休診になってしまったり。


私の副作用は益々酷くなる一方で、とうとう味覚障害迄出てしまった。
よっぽど味が濃いか辛いモノで無いと、ちっとも味気を感じない。

以前から皮膚科の先生の勧めもあって亜鉛も飲んでいる。
訪看さんも前々から、私が色んな薬で『何でこんな副作用が⁈』ってな位、その『めったに無い副作用』が出やすい事を知っているから、「亜鉛は飲んでいるんですよね?」と確認してから、「ちょっと診察が空いちゃったし、明日の朝(私の診察日)に報告しておきますね」


てな具合で、散々胃薬如きに生活リズムを振り回されて(他にも原因は一杯あったけど)、先週の金曜日に三週間振りの診察で、待合室が激混みだったから、受付を済ませてトイレに行って売店へ行こうとした所で渡り廊下を歩いていると、後ろから「何回も呼んでたし探してたんだよー」と、先生が外に迄出て来て突捕まる。

思いっきり仏頂面して診察室に入ると、三週間前に先生がハワイへ学会に行った時のお土産を手渡されても(おねだりしたのは私)仏頂面のまんま。「ネキシウムで味覚障害出たって?」と真っ先に聞かれたけれど、それだけじゃなくて病院にも行きたく無い位、精神的にも『やってらんねぇ』状態が続いてたから、話す事さえ『やってらんねぇ』状態で、普段から書いてるノートを広げてそのまんま先生に読んで貰ってからやっと話しをする気に。


結局胃薬に関しては、私はガスターの方がよっぽどよかったと言ったんだけど、先生は『タケプロン』に変えようと言って、他にも手帳の更新の話しやら色々して、診察室を出たら40分も経っていた。
(くどい様だけど、他の患者さんはせいぜい5分程で診察が終わってしまう)

何時も何時も手間も時間もかかる患者で、ホントにゴメンなさい。
しかもあー言えばこー言うで喧嘩にもなったりして。


で、タケプロンを飲み始めて一週間。

ネキシウムと同じ部類の薬なのに、味覚が戻った!



関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://morphine09.blog26.fc2.com/tb.php/1261-8c081c39