FC2ブログ

匂い 

アタマのてっぺんから

キミとおんなじ匂いを身に纏い

一緒にライヴハウスに出かけた



私は最前列で踊り暴れる

キミは最後尾で傍観



ふとした瞬間に後ろを振り向いても

沢山のお客の中でキミの姿は何処にも見えない


何気なく自分の手首の匂いを嗅いでみる



少し安心した自分が居た


関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://morphine09.blog26.fc2.com/tb.php/405-66a2fc20