FC2ブログ

病院には行ったけれど・2 

この2週間で自分でもどうしていいのかわからなくなる程の不安定さ。

先週診察を受ける迄は恐ろしくテンションが上がってたけど、

頭の中は鬱状態の時みたいに憂鬱で、

なのに訪看さんにも無理するなって言われてるのに

一日中洗濯してたり、ロフトから布団引き摺り下ろして洗濯したり

頓服飲んでも効いてるのか効いてないのかわからなくて居眠りも出来なくて

それで、先週病院に来たら先生が居ないって事だけで動揺してたのに、

代診の先生の診察を受けた後から今度は気分が落ちちゃって、

頓服と鎮痛剤が手離せなくて生活リズムも滅茶苦茶になっちゃって。

些細な事でも泣いてたりするし、生活の事も先行きが不安でしょうがない。




そこ迄話すと先生は「発作は?」と聞いて来るから

「発作迄は起こさないけど、今もそうだけど、頓服飲んでも胸が苦しい。」

と言うと「気死念慮は?薬いっぱい飲んじゃうとか、そういうのは?」と聞かれ

「昔の鬱状態だった頃みたいに『切ってやる』とか『飲んじゃえ』

って気持ちまでにはならないけれど、先生も言ってたけど

『躁状態が落ち着く段階の症状』だとわかっていても、

寝逃げも出来ないし、辛いし、しんどすぎる。」と答えた。



もうずっと半ベソ状態。



結局今週は私の愁訴を聞くだけで、

というか、私が自分の辛さを訴えるのに精一杯で、

先生が何かアドバイスをくれてたのかもしれないけれど、それすら覚えて居ない。




ただ「もう40分だよ。」と、何時もの様に握手の手を差し伸べられた時

涙が溢れてきて「ハグして下さい」とねだったら


「本当はしてあげたいんだけどね。夜魚さん、ナオさんにハグの事言ったでしょう?

それが問題になっちゃってね、オレ、院長に怒られたんだよ。

男性ならいいんだろうけど、夜魚さんは女性だから、ね?わかってくれる?」


そう言われて「だって先生、前回の診察で『来週ね』って言ってたじゃん!」と

ますます泣いていたら、先生は机越しに腕を伸ばして「これだったらいいよ。」

と言って来たけれど、それでも私は泣き続けていたら

「それなら握手か何もしないかの二択。」と言われて

結局机越しに両肩をぽんぽんと叩いてもらい、

しっかりと手を握って貰って診察室を後にした。
(それでもハグの事に関しては『来週考えておく』と
また曖昧な答えが返って来たけれど。)



何時もなら、診察室でどんなに泣いてもそれなりに気が晴れるのに



病状の所為なのか


今迄貰ってた安心感を失った所為なのか



診察室を後にしても気分は沈んだまま。







関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://morphine09.blog26.fc2.com/tb.php/709-c6478ec6