FC2ブログ

吐き出せ 

「ごめんなさい」



「許して下さい」



そんな言葉はどうでもいい




その喉元に詰まったコトバ



言いかけたクセに呑み込んで



「ごめんなさい」



「許して下さい」



そんな言葉はどうでもいい





喉に詰まったコトバ達



呑み込んじゃうから辛いんでしょ





吐き出せ



吐いちゃえ



吐いちまえ





中途半端に呑み込むから



理解したくても出来無いんだ






だから全てを吐いちまえ










全て受け止めてあげるから






関連記事

コメント

No title

あなたの言葉はやはり剥き出しで、あなたそのもの。剥き出しの心に触れるとは、あなたそのものに触れてしまう気がしてしまう。体とか心とかそんなものではなくて、そのものに・・。
あなたの言葉や文章には、そんな「チカラ」あって、包み込まれるような、惹き込まれていくのです。
ぼくはあなたのブログに出会ったのは、人生で子供時代以外では、おそらく一番弱っていた頃、頭が崩壊するギリギリを歩いていた時だと思う。 それでも認めたくなくて、もがいていた頃、そんな時期でした。社会人になってからは、順調すぎるほど好き放題で自由にやってきた。やりたいことは、どんなことでもするし、もちろんその代償を払いながら。
それでも自分を信じて疑ったことなどなかった。なのにそれが、はじめてこれで良かったのかとかと、自分を疑った、そんな時期です。ストレスの限界なのに、ストレスに強い人間だと勘違いしてた。 理由はわからないけど、あなたの剥き出しのココロに触れてしまい、惹き込まれた。そして救われた。たしかに救われた。
ぼくの知る世界などほんの一部でした。人のココロはぼくの知っていたほど浅いものじゃなかった。弱くてもいい、弱いことや自分の状態を知れば、世界も可能性も見えてきた。あなたに出会えてやっと進むことができだした。
前の自分とは違うから、自分のことを認めることができた。それは弱いし、挫けるし、無理はできないけれど、前よりも進むことができるもの。
それを教えてくれたのは夜魚さん。

No title

久々のコメントありがとう。

私はただ、自分の思うままを吐き出し続けているだけ。
誰がどう思おうと、自分の気持ちを綴り続けているだけ。
そんな私のコトバで『救われた』『教えられた』だなんて、
なんだかおこがましいのであります。

ストレスに強い人なんて居ないと思うのです。
自分では平気だと思っていても、知らぬ間に蓄積されてしまう。
人は自分が思っているよりも弱い生き物だと思うのです。

だから今迄弱い自分を認めてあげられ無かった分、
これからのメッキさんを優しく労わってあげて下さいね。

私は何時でも此処でコトバを綴っています。
それがメッキさんにとって何かヒントになるのなら
何時でも此処に来て下さい。
私は何時でも此処に居ます。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する