FC2ブログ

らんちど 

070105.jpg

さて、無事に朝帰りしたわたくし
寝て起きて気付けば昼

本日は新木場までRANCIDのライブに行って来ました

一緒に行く予定の仲間達との待ち合わせが有楽町に16:30
わたくし15分程遅刻して到着

「今日のライブって、何時開演なの?」

と尋ねると

「んとねぇ、17時」

え?!
『開場』じゃなくて『開演』が17時???

案の定間に合わず
前座も居なかったので途中からの参戦

前の方まで紛れ込み
半ばヤケクソでモッシュピットに行って
案の定揉みくちゃ
酸欠になりかけながらも2列目までたどり着き
(ステージ右端の方だったけどね)
暴れて暴れて頭から全身汗びっしゃり
たーーのしぃぃーーー!

ケド
ホントに倒れるかとオモた・・

上向きっぱで跳びはねてたから
今もの凄く首痛いぞ

歌姫あにれの 

B000002VMH.01._SCMZZZZZZZ_.jpg

急にANNIE LENNOXのCOLDが聴きたくなりました。
DIVAをひっぱり出してきました。

わたくし
基本的に女性シンガーはニガテなのです。
まったく聴かない訳でもないんだけど。

けどこの人は私の中では別格。
とても憧れておりました。

ユーリズミックスのSWEET DREAMSのV.Cを初めて見た時に
スーツ姿で歌っていて
その中性的なルックスにヤラれてしまった。

ソロで出したこのアルバム
ジャケ写のアニーはとても美しいし
タイトルは『歌姫』
声もなんだか優しい。
CDを聴きながらあらためて訳詞を見てみたら
ものすごく女性的。

あーそうか
確か母親になった後に
このアルバム出したんだよなぁ。

久々に聴いて
なんだかちょっと違和感を感じてしまったものの
それでもやっぱりこの人は美しい人だと思った。

会いたいあいたいアイタイ 

m08.jpg

昨日の明け方
ぽけーっとネット徘徊していたら
大好きだったけど去年解散しちゃったバンド『MEDO,』のGが
新しく『ウルカス』とゆーバンド(?)を立ち上げていたらしい
ってな記事を見つけた。

http://www.livescape.net/booking/pickup_artist/topics.cgi


けどそれはすでに1年近く前のもの。

メンバーと個人的に連絡を取り合うことなんてなかったから
MEDO,を解散したあとの消息なんてこれっぽっちもわからなくて
こんなことしてたのもちっとも知らなかったよ。
心当たりのあるサイトをかたっぱしから見てみても
今動いてる気配はみつからなかった。

見たかったなぁ。
すごくすごく見たかったなぁ。
会いたかったなぁ。

今夜もまたMEDO,聴こう。

You Speak My Language 

Collective.jpg

明日はMariaの久々のライブだってーんで、デジカメのバッテリーを充電しなきゃとがさごそと充電器を探していたら、Collective Soulの『Blender』を発掘。

私の中では王道American HRなこのバンド。
何故このCDを所有しているかと申しますと、このアルバムの中でMorphineの『You Speak My Language』がカバーされているから。
ただそれだけ。

両バンドの接点がどーもよくわからないんだけど、このアルバムで奏でられるソレはゴリゴリ。
ギターのリフがめちゃめちゃカッコイイけど、それはオリジナルがあってこそだよなぁ。
これはこれでカッコイイと思うけれど、こっちを先に聴いたら私はMorphineには興味持たなかっただろうな。

なんて事を久々に聴いていて思ったりした次第。


~Kaburula Kaysay Brula Amal amala senda Kumahn Brendhaa!~

STADIUM ARCADIUM 

stadium.jpg

発売日に入手しましたですよ。RED HOT CHILI PEPPERSの新譜を。

音楽ネタ書く時は記事にジャケット写真を貼り付ける為に
いつもamazonから画像を拝借してるんだけど
このブログにつけてあるamazonのサーチで『レッチリ』と入れたら
ちゃんとRED HOT CHILI PEPPERSが出て来た。ほほーう。

あのですね。邪道だと言われるかもしれないですが
わたくしはレッチリのアルバムの中じゃ
『ワン・ホット・ミニット』が一番好きなんです。
『バイ・ザ・ウェイ』も好きだけど。

だけど!この新譜が一番好きかもしんないっ!
1枚目のしょっぱなからノックアウトされちまいやがりました。
3曲目のギターで悶絶しちゃいましたっっ。
フリーのベースもたまらんよお。
あぁ、どっぷりとめくるめくれっちり節。
なんか物凄く美しいと思えた。

聴きなさいってばっ。

腰振って昇天 



やっべ。やっべっっ。
久々にライブを観たいと思ったバンドだよコレ。

数日前、とある人から
『エル・プレジデンテって知ってる?』
とメールが来た。

しらなーい。

『そうかー。多分好きだと思うよ。』

その言葉を信じていそいそとCD屋に行き
エル・プレジデンテを試聴もせずにお買い上げ。

なんですか!このファンキーさ加減はっ!
なに。このVoのびみょーな気持ち悪さ加減。たまんね。
え?これ、デビューアルバムなのっ?
すげぇぇぇぇ・・。

CDの帯には
『最高にロックで最高にポップで最高にグラマラス』
とのコメントが。
おうおうおう。これウソじゃないね。そのまんまですね。

去年、また別のとある人にすすめられてP-FUNKにハマったんだけど
その辺りが好きな人ならエル・プレジデンテ楽しめるんじゃないかと。
P-FUNKよりももっとポップでキャッチーな感じかなぁ。
なんかね、この人達の『好き』を消化して昇華した感じってゆうのかな。

わぁぁ。腰にくるよぅ。
うわー、ライブ観て踊っちゃいたいよー。
これ、きっと絶対ライブが面白いよぉう。
来日するらしいので早速調べてみたら東京公演は5/9。
e+ではチケット受け付けすでに終了。

別の意味で昇天。ちーん。

GRACE 

jeff.jpg

あんまりおおっぴらに言う事はないけれど、私はJEFF BUCLEY大好きでして。
命日も近いのでちょこっとつぶやいてみようかなと。

何がそんなにツボなのかって、その声と世界。
ミュージシャンに限らず、アーティストって自分の作品を生み出す時にものすごいエネルギー費やしていると思うのです。
それが商業的な為だけの事だとしても。

けれど、このアルバム聴いてて思うのは『自分の命を切り取ってるんじゃないか』くらいの感覚。
アルバムは持っていたけどそんなに聴き込む程でもなかった頃、一度だけライブを観る機会があったのです。
しょっぱなの音が出た途端その圧倒的な世界に、私は金縛りにあったかの様に最後まで動けなかったのです。ハイ。

だからむしろライブを観てからの方が、このアルバムを聴く機会が増えた。
これがレコードだったら多分擦り切れる程聴いてるんじゃないかと思う。

オリジナルアルバムは写真の『GRACE』1枚しか出ていません。

Recollection 



今日はなんかコレの気分だったので、引っぱり出して聴いております。
Stone Temple Pilotsの最後のアルバム『Shangri-La Dee Da』ですな。

ストテンはずっと大好きだったのに、発売当初(5年前かな)に買った時は、何が気に入らなかったのか殆ど聴かずにしまい込んでいた。
何がきっかけで引っぱりだしたのかは忘れたけど、よくよく聴き込んだらドツボだった。
そして気付いた時にはストテン解散してたのよ。あれぇ。

ライブを観る事はかなわずに終わってしまい、ブートのライブ映像でしか観た事のなかったVoのスコット・ウェイランドが、Velvet RevolverのVoとなって去年のSONICMANIAに来た。
これが行かずにいられようものかと、フルブラのメンバーを誘って一緒に観に行ったんだよなぁ。
こんな事言ったらアレだけど、わたくし的にはVelvet Revolverはどうでもよくて(好きだけどね)、生スコットの生ステージってだけで感涙モノだったのでした。

でも、そこに居るのはストテンじゃないのね。
やっぱり私はストテンが好きなのね。
もっと言ったら、ストテンのスコットが好きなのね。
Velvet Revolverの音を聴いてそれを再認識させられたかのごとく、しばらくこのアルバムを聴き込んでいたのでした。

本日も1枚 



The ピーズの『赤羽39』でございます。
復活して2枚目になるのかな?
やっぱアビさんのギター、カッコイイ。

相変わらずハルは巻舌で歌ってる。
相変わらず不器用に生きている。

アルバム出るたびにホっとして、聴かずにはいられない。
『今』と『今迄』で精一杯な感じなんだもん。
いつ居なくなっちゃっても不思議じゃない気がして
『次は?』なんて思えなくて。
そうやって17年間、ずーっとずーっと聴き続けてきた。

やさぐれててなんか人生投げてる印象受ける人も居るかもしれないけど、物凄く『生きる事』を考えてるんじゃないかなって、このアルバム聴いて感じた。

本日の1枚 



ふらりとCD屋に足を運んでみたら、PLACEBOの新譜を発見。
デビュー当時からなにげに好きなバンドなんだけど、新譜が出るたびにチェックはしても購入まで至らない事が多くて、アルバム全部は持ってないのねん。
映画『Velvet Goldmain』でもT-REXのカバーをやってるから、知ってる人は知ってるんじゃないかな。

で、なんとなく試聴してたら、なんじゃコリャ!
見事にツボってしまってお買い上げしたのがこの『MEDS』。
なんかすごく退廃的な印象。なんじゃコリャ!!
一歩足を踏み入れたら戻ってこれなくなってしまいそう。

Voのブライアン・モルコは歳を取っても艶っぽくて美しいね。